半兵衛麸

menu

社長挨拶

半兵衛麸は、2019年に創業330年を迎えました。

元禄二年に玉置半兵衛が京都の地でお麸屋をはじめ、その創業の精神と、
代々が作り上げ築いてきた商いの精神は今も半兵衛麸の基本の精神となり、毎日の業務の中で生かされています。

それは、「先義後利」「不易流行」であり「三方よしの商い」です。

玉置の家に生まれ育った私は、小さなころからその親の商いの精神を身近に感じ大きくなりました。

「時代に合わせた美味しいお麸をつくり、お客様に喜んでいただく」
「商いを通じて日本の食文化の一端を支える」
「ともに働く人たちが、良い人生だったと言える毎日にする」

そんな思いでお麸屋を継ぎ、商いを続けております。

時代は、大きな変革期を迎えています。
そんな変化の時だからこそ、日本人が大切にしてきた心や習慣、文化を理解し、そして守り、
新しいものを取り入れ融合させながら発展させることがお麸の未来を切り開いていくのだと考えております。

味・栄養・効能…お麸の可能性は、世界に、宇宙に、と無限に広がります。

半兵衛麸は、これからも愛するお麸と共に、日本の良き文化を守り、新しいことにもチャレンジしてまいります。

株式会社半兵衛麸
代表取締役社長 玉置万美