menu
企業としての責任

社会・地域との連携

江戸時代の食に関する書画や道具を本店の資料室とお辨當箱博物館に展示し、食と医のつながり、茶道との関わり、行事や四季に合わせて食事を楽しむ文化とともに、当時の工芸職人の技と粋をご覧いただいております。

また、食は、部屋の設え、器などの工芸だけでなく、祭事行事との関りが深く、京都に長く続くお祭りや行事などにも参加・協力しています。

これまでの功績が認められ、和食文化の発展に貢献した人や企業に送られる「京都和食文化賞」を平成29年(2017年)に受賞、令和元年(2019年)には、「京都市 輝く地域企業表彰」及び「地域企業輝き特別賞」の表彰を受けております。

食育の考え

企業としての責任 TOP

食の安心・安全