半兵衛麸

menu

沿革

元禄2年(1689年) 玉置山より御所の大膳方として京に来て、宮中の料理人を務めていた玉置半兵衛が
宮中で覚えた製麸の技術を生かし、京の町で麸屋を創業。屋号を「萬屋(よろずや)」とする。
江戸時代後期 石田梅岩の思想「石門心学」を学び「宗心」の名を頂き、自らも講を開く。
家訓「先義後利」を確立
明治時代中期 大阪・名古屋に支店を持つ
納品先のお寺からの依頼により、ゆばの製造を始める
明治36年 新しい製法で作った焼麸(花麸)で第二回内国博覧会にて三等賞を受賞
明治37年 麸各種で第三回全国製産品博覧会にて有功銀牌を受賞
昭和16年 戦争に伴う食糧管理法により小麦が統制品となり「闇市の小麦を使用しては麸に失礼」と商いを一時休業
昭和27年 食糧管理法の撤廃
昭和28年 「玉置麸舗」として事業再開
昭和40年 全国製麩工業連合 第6回品評会にて優秀賞受賞
昭和60年 本店と別に卸部門の事業本部を設けたのを機に法人「株式会社 半兵衛麸」を設立
登録商標「京麸」取得
平成4年 美山総合工場建設に伴い「株式会社 京麸半兵衛」を設立
平成6年 本店を直営小売店として「株式会社 五條半兵衛」を設立
平成8年 株式会社京ゆば半兵衛設立
平成16年 京都市商工会議所 中小企業のためのホームページコンテスト京都2004
法人の部 最優秀賞受賞
平成20年 食生活文化教育功労賞受賞
平成21年 創業320周年謝恩会開催
平成22年 本店併設の「お辨當箱(おべんとうばこ)博物館」を登録(京都市内博物館施設連絡協議会にて)
平成23年 事業本部、細工麸工場、ゆば工場
新社屋(新町高辻)に移転
平成25年 以下 4社関連会社を 「株式会社 半兵衛麸」 に統合
(株式会社 京麸半兵衛、株式会社 京ゆば半兵衛、株式会社 五條半兵衛、株式会社 舞花亭)統合にともない増資
KESステップ2 SR認証(登録番号KES 2 SR0004)
京・食の安全衛生管理認証制度取得
京都高島屋B 1味百撰売場 直営店開店
平成26年 平成25年度京都景観賞屋外広告部門の受賞
嵐山直営店(嵐山昇龍苑)開店
ふふふあん本店 開店(半兵衛麸本店向い)
組織変更 代表取締役会長 玉置 辰次
代表取締役社長 玉置 万美
平成28年 明治神宮より全国特産物奉献式に対し感謝状を頂く
第2回 京都和食文化賞 受賞
平成29年 ふふふあん銀座店 開店 GINZA SIX(銀座6丁目)地下2階
第15回 京都環境賞特別賞(企業活動賞)受賞
平成30年 京都市より環境保全活動に対し京都環境賞特別賞を受賞