半兵衛麸

menu

食育の考え

「いただきます」や「ごちそうさま」に込められた日本の心。
食事とは自らの命のために、食物として命をいただくことです。
しかし、生命維持のための栄養摂取だけではありません。
料理する人、食べる人がお互いを思いやり、器、しつらえ、食材にも四季を取り入れ、
五感で味わう楽しい時間だからこそ「食文化」といわれます。
私たちは、食事を大切に思うこと、食にまつわる習慣や歴史を伝えることも食育の一つと考え、活動しております。

食の歴史

江戸時代の食に関する書画や道具を本店の資料室とお辨當箱博物館に展示しております。

食と医のつながり、茶道との関わり、行事や四季に合わせて食事を楽しむ文化とともに、当時の工芸職人の技と粋をご覧いただけます。

食の歴史

食の未来

食事を大切に思うことを広め伝えるのが食育だと考え、小中学生への食育の授業、食や京都を学ぶ留学生や社会人を対象としたワークショップや特別講座のお手伝いをしております。

食を楽しむ生活がこれからも続くことが私たちの願いです。

食の未来

メディアでの取り組み

長年の麸に関する研究を認められ「食品加工総覧 第四巻」(農文協)、「食品産業事典」(日本食糧新聞社)に寄稿しております。

これらの食文化にまつわる活動により平成20年に「食生活文化教育功労賞」をいただきました。

メディアでの取り組み